今の税理士に満足してますか?迷っているあなたに確かな道しるべ!

遺留分の権利内容について

遺留分の内容については故人の財産分与の場合において遺言書がある場合には、遺言の内容があまりにも理不尽だった場合において、適用される最低限の保障の部分になります。この権利は法定相続人にあたる人に与えられていて、定められた人だけ権利を主張することができます。しかしながら法定相続人が遺言書のままを希望しているようであれば、遺言書の内容を優先することが可能になります。

このような細かな法律が定められていますので、不安があるようであれば、一度法律家に相談してみることをおすすめします。事務所でおこなわれている無料相談などを利用してもいいでしょう。

遺留分を知っておくと、相続はスムーズに

遺産相続の段になって突然現れて、遺産相続を求めるケースがあります。被相続人の存命中は自分の好きなように過ごし、世話や訪ねてくることもなかったのです。家族でありながら、心は他人以上に離れてしまったのでしょうか。

遺族がどのように希望しても、遺産相続は遺言書、遺留分に沿って遺産分割協議で決められることになっています。平穏に決まりそうなら、協議はする必要はありません。相続については、皆が元気な時に話し合う場を持つといいでしょう。特別に場を設けるのではなく、普段の会話でトピックにできると、無理なく建設的に話がしやすいです。

遺留分で保障されるのは誰か

遺産相続であまり知られていないのが、遺留分の存在です。これは、被相続人の配偶者、家を継ぐ子供、直系卑属に限り、一定の条件を満たせば保障されるものです。遺言書に、全ての遺産を遺族以外のものに譲ると記載されていたとします。

すると、遺産を目当てにしていた親族には大問題です。貯えもなければ、生活することもできないレベルに陥るかもしれません。遺産を当てにし過ぎるのも問題ですが、残された家族が生活に困らない程度は、遺してやる配慮も大切です。そして家をどのように引き継いでいって欲しいのか、チャンスがある度に家族と話をすることも大切です。

遺産相続の意外と知られていない用語、遺留分

遺産相続手続きは、手間も時間もかかり大変です。相続人が何人もいれば、誰に何をどれだけどのように相続させるか決める必要があります。遺産分割協議で決めることもありますし、遺言書の有無も相続に関わります。

中でも、遺留分は遺言書の如何に関わらず、配偶者、家を引き継ぐ子供、直系卑属に保障されています。一定の条件を満たしていることが必要ですが、知っておくと便利です。協議を経て、手続きに入ります。

誰が亡くなり、誰に相続するのか確定するための書類は戸籍謄本です。金融資産であっても不動産であっても、必要な書類になります。2017年5月より手続きが少し簡略されています。

遺留分の内容について

遺留分は遺言であっても覆すことのできない保障の部分になります。一般的に考えて自分の財産を誰にあげても自由とされていますが、法定相続人における生活の部分の保障になりますので覆すことのできない部分になります。

この事は民法で定められていて、遺言で侵害されているように感じた場合には、遺留分減殺請求権を行使し、取り戻すことが可能になります。しかしながら、法定相続人が遺言で納得しているようであれば、そのまま遺言のかたちを優先しても問題はありません。専門的な分野も遺産については関わってくるので、万が一わからないことがあったら、すぐに専門家へ依頼することがおすすめです。

遺留分における詳細内容

故人がなくなった後に大変なこととしてあげられるのが遺産の相続になります。遺言書があった場合においてはスムーズに進めることができますが、ごく稀に遺産のトラブルに発展してしまうケースがありますので、そのようにならない様に細心の注意が必要となるでしょう。

遺留分においては、万が一遺言書の内容が法定相続人にとって、不利益なものだった場合には、権利を使用することが認められていて、遺言書を覆す唯一の方法になるでしょう。法定相続人に当たる人は、そのようなことも念頭に置いて遺産相続をおこなっていくといいでしょう。

遺留分について