今の税理士に満足してますか?迷っているあなたに確かな道しるべ!
  •  ホーム
  • 相続手続きにおける特別代理人について

相続手続きにおける特別代理人について

相続手続きにおける特別代理人は、親権者である父母が、その子供との間で利益相反行為(父母と子供との間で不利益となる行為)をする際に選任されるもので、家庭裁判所に請求しなければいけません。 これは、父母が親権者としての権利を行使し、父母にとって利益のある行為をすることで、子供にとって不利益となる行為を防ぐために行われるもので、これによって父母と子供が公平な相続手続きを行えます。

また、成年後見人と成年被後見人においても同様で、両者が同時に相続人になった場合に、成年被後見人にとって不利益となる行為を防ぐために特別代理人の選任の手続きが行われます。 家庭裁判所への手続きは、申立書に遺産分割協議書、戸籍謄本などの資料を添付し、収入印紙800円と連絡用の切手とともに提出します。

おすすめリンク