今の税理士に満足してますか?迷っているあなたに確かな道しるべ!

活用させるべき遺留分の制度

活用させるべき遺留分の制度

遺産の相続については、何かとトラブルへ発展しやすいケースが多く、自分達ではなかなか解決できない場合もあります。特に、相続人の対象となる方が複数存在する場合、さらに遺言書の記載内容に偏りが見られる場合などにおいて、どのような方へどのような内容の遺産が分配されるかという事柄については慎重に判断したいものです。

亡くなった方本人の両親や子ども、配偶者に対しては、遺産相続の最低限度を保障するという制度が存在しており、遺留分と呼ばれています。兄弟や姉妹は対象に含まれておらず、別の制度を利用するための手続きが必要です。

遺留分としての制度を活用するために

遺産相続の際に重要となる遺言書の有無や記載内容により、相続人の権利が侵害されるケースも少なくはありません。また相続人としての対象者が複数存在している場合においても、大きなトラブルへ発展するケースが多く、よりスムーズな解決を目指すために弁護士や司法書士などの法律専門家へ相談される方も多く存在しています。

亡くなった方の両親や子ども、配偶者においては、遺留分として最低限の相続権利が守られおり、兄弟や姉妹が対象として含まれていない事も特徴として挙げられるため、別途設けられている手続きを行う必要があります。

遺留分請求は期限があります

遺留分は遺産に対し、最低限の相続割合を法律によって定めた物です。最低限の割合を下回って遺産分与が行われている場合は、再度遺産分割をやり直しさせることが出来ます。これは遺言書で定められていても出来る制度で、遺留分減殺請求は期限が決められているので、相続が発生し割合が少ないと感じた場合は、速やかに行動をとるようにしてください。

一番初めに相談しないといけないのが弁護士です。弁護士に相談をして、どのように行動すれば良いのかアドバイスをもらい、適切な行動をとってください。この制度には、期限がありますので注意が必要です。

詳しく知るべき遺留分の事情

資産を持つ方が亡くなった際に適応される遺産相続ですが、相続手続きについては、資産を持っていた本人が亡くなった瞬間から始まるため、落ち着いた解決方法や時間を掛けて対応することも、なかなか難しいとされてしまうこともあります。

弁護士や司法書士などの法律専門家へ相談することによって、自分たちで解決させるよりもスムーズに対応されることもあり、頼りになる存在でもあります。遺留分など、法律に基づいた知識や情報を得るという意味においても、無料で受け付けられている相談窓口などを上手く活用することで、速やかな解決に繋がる事もあります。

遺産相続の際に気を付けたい遺留分

遺産相続の問題は、遺言書の有無、記載内容、相続人の人数などによって事情も変わります。なかなかスムーズに手続きが行われないといった事柄はよく発生しがちであり、遺産相続の対象となる方の権利が侵害されそうなケースも見受けられます。

遺留分と呼ばれる制度の存在により、亡くなった方の配偶者や子ども、両親については、生活などに影響が出ないよう、最低限の遺産を相続することができるよう保障されています。しかし、兄弟や姉妹は対象として含まれていないため、別途設けられている制度を利用して、手続きを進めることが必要とされています。

遺留分について