今の税理士に満足してますか?迷っているあなたに確かな道しるべ!

トラブルも起きやすい 遺産分割協議

相続手続きにおいてトラブルが起きやすいのが遺産分割協議です。財産が多く複数の相続人がいる場合や、またある特定の相続人に亡くなった親の世話や苦労を押し付けた場合など、それぞれの思惑が存在するものです。

「自分はもっと貰う権利があるのでは」このような、揉め事を未然に防ぐためにも遺言書を残すことが重要になってきます。またいくら遺言書であっても、特定の人物だけ多額の相続を行ってなってしまうと、やはり相続間での揉め事を起こしてしまうため、内容にも注意しておかなければなりません。その相談役として遺産相続を相談できる専門機関があります。

遺産分割協議書の目的と役割について

遺産分割協議の際につくられる遺産分割協議書は、土地の登記や預貯金、また株式や車など、名義を変更する際に必要な書類となります。そのため、これらの財産が最初からない場合なら、作成する必要がないのです。

書類を作成する場合は最終的に了承したという意味で、相続人全員の署名と実印を押す必要があります。またこれが作成された後は、不満が生じても取り返しがきかなくなるため注意してください。そのため協議をおこなうわけですから、不満や問題点はその時点で発言するしかありません。直接揉めたくない場合は、その場を後にして、法律の専門家に相談してみましょう。

遺産分割協議から分かること

親の生前には何もトラブルがなく、円満な人間関係を築けているように感じていても、死後に遺産相続でトラブルになることがあります。普段はそうとつゆほども見せず、心の中では遺産を目当てにしていた人です。

遺言書でどのように書かれていても、保障されるのが遺留分ですが、それは配偶者などの一部の人にしか認められていません。遺産相続でトラブルになりそうなら、遺産分割協議で決めると明白です。法的な手続きなので、誰も文句をいったりできません。冷静に判断し、決められるのがメリットです。疑問は、遺産相続問題に詳しい弁護士に訊ねると明らかです。

遺産分割協議で家族の絆を取り戻す

普段、親戚、兄弟がそれぞれ遠方に暮らし、その関係が薄れてしまっている家では、相続で揉めることがあります。そのような場合は、遺産分割協議で遺産相続について明確にしておくと安心です。

協議では、遺言書があれば持ち込みます。遺言書は、開封してしまっていても問題ありません。それよりも、協議後に遺言書が見つかると協議を再度おこなう必要がありますので、注意が必要です。

遺言書を遺す側も、家族が見つけてくれそうな場所や金庫といった安全な場所に遺言書を保管します。相続問題に関しては、弁護士に相談するといいでしょう。相続の案件に精通していることを確認してから、依頼しましょう。

遺産分割協議はする必要あり?

被相続人から遺産相続をする場合に、遺産を引き継ぐ人、つまり相続人が複数いる場合や将来、トラブルがないようにしたい場合は、遺産分割協議で決めておくといいでしょう。遺産には、預金、不動産などがあります。預金などの金融資産は、名義変更をすぐにおこなう相続人が多いです。

しかしながら、相続する家から離れた場所にすでに自分の家を所有している場合で、将来、相続する家に戻る可能性が低い場合は、不動産登記を後回しにすることが多々あります。

結局、登記されずに放っておかれると、街作りの計画、災害の復興の足かせになってしまうこともあります。最近ニュースで見ることが多い空き家になり、荒れ果てて迷惑になることもあります。

遺産分割協議を大阪ならここ。

遺産分割協議について

おすすめリンク

  • リンク
  • リンク

おすすめリンク