今の税理士に満足してますか?迷っているあなたに確かな道しるべ!
  •  ホーム
  • 司法書士は相続手続きの書類代行

司法書士は相続手続きの書類代行

▼司法書士は相続手続きの書類代行業務をしてくれます

家族の大黒柱を失った場合、相続手続きという問題が発生することも多く、なかなかスムーズにいかないということも多くあるようです。 法律の知識さえあれば、泣き寝入りしないですむというトラブルも多く発生しているようです。

家族間が気まずい思いをしない為にも、トラブルを解決してくれるアドバイザーがいてくれると、非常に助かるものです。 これ等の悩みを全てサポートしてくれるところが、司法書士事務所です。

司法書士は街の法律家であり、頼りになる存在として何でも相談にも乗ってくれます。 相続手続きで困っている方は、書類作成の代行業務をやってもらうことをお奨めします。

相続手続きに必要な書類はどこで入手できる?

相続手続きに必要な書類に関しては、どこでどのような手続きをしたいのかによって変わってくるのですが、ほとんどの書類に関しては市役所で入手することができます。例えば銀行の口座振替で必要な印鑑証明などに関してもこちらで入手できますし、それを証明するための死亡届けなどの控えも市役所でしか入手できません。

相続手続きをする上で、大切な戸籍謄本に関しても本籍がある市役所でしか入手できませんので、忙しいと思いますが余裕を持って取り寄せる必要があります。大体どの書類も1通3000円くらいしますので、その分の費用も頭に入れておかなければなりません。

家庭の事情で異なる相続手続き

相続手続きは、その家庭の事情によって依頼先や注意すべき点がちがってきます。遺産分割で不動産名義の変更がでる場合なら、選択肢としてまず司法書士をあげていきます。またこの遺産分割で相続人が揉めているか、揉める可能性が高いかどうかも大きな基準となります。

実際紛争となれば、弁護士に依頼するしかなくなるため、このような状況であれば、弁護士事務所へ直接相談するのが良いでしょう。また、紛争はなくても高額な負債や誰かの保証人になって亡くなっていたのなら、相続開始から3ヶ月以内という期限付きの相続放棄をする必要があります。

誰もが通る相続手続き

天涯孤独でもない限り、相続手続きはいずれ誰もが行う手続きとなります。特に大きな遺産は無くても一緒に生活し、親の口座名義の通帳を利用し生活費を共にしている場合、亡くなると間もなく口座は止まってしまうため、早々に遺産分割協議を終わらせる必要があるのです。

またこの場合、相続人の誰か一人でも欠けてしまうと無効になってしまうため、「面倒で時間もないし」で済む問題ではないのです。もし相続財産は一切必要ないというのであれば、相続放棄という手続きを取る必要がありますが、その場合でも遺産分割協議には参加しなければいけないのです。

相続手続き相談でスムーズに

数ある相続手続きのうち、特に財産や相続人が多ければ、遺産分割をおこなうまでの準備もかなりハードなものとなるでしょう。全ての相続財産を調べたり、戸籍を取り寄せて相続人を確定する必要があります。

相続人全員が遠方で生活している場合であれば、これらの手配は難しいケースもでてくるため、相続人同士で話し合い、専門家に依頼してみてはいかがでしょうか。行政書士や司法書士、弁護士といろいろ相談先はありますが、相続税が発生しなければ税理士ははずしましょう。揉める要素もなければ、あえて弁護士に依頼する必要もないでしょう。相続手続きを専門に扱う司法書士なら、書類の収集から土地の名義変更まで全てお任せできます。

相続手続きを進める上で大切なこと

相続手続きでは、誰に何をどれだけ引き継がせるか決める必要が出てきます。正式な場は、遺産分割協議です。遺言書が遺されていれば、その内容も考慮されますが、全てが認められる訳ではありません。

遺留分があるからです。遺留分は、配偶者、子などが一定の条件を満たせば遺産相続が認められます。これは、遺産を目当てにしていた遺族を守るもので、遺言書で思いもよらぬ内容が記載されていても、相続できるようにしたものです。遺留分の存在も知っておくと、手続きに役立ちます。疑問があるなら、相続問題に精通した弁護士に聞きましょう。