今の税理士に満足してますか?迷っているあなたに確かな道しるべ!
これで納得!お悩み解消!詳しく見る

当サイトについて

▼信頼できる税理士があなたをサポート!

握手画像

当サイトでは、税理士についての基礎知識や税理士選びのポイントなど様々な情報を配信していきます。

あなたをしっかりサポートしてくれる税理士が、きっと見つかるはずです。

大阪で活躍する若い税理士

ベンチャー企業の社長などはかなり若い人もいます。

経営者といえば中年代か高齢の人をイメージする事も多いかと思いますが、IT関連の会社などでは若い人が経営している事もあります。その場合には、できるだけ自分と年齢が近い若い税理士に仕事をお願いしたいと考える人もいる様です。

また、若い税理士でいい人が見つかれば、長くお願いする事ができますね。

いい税理士を見つけたいという場合には、大阪など大きなビジネス街がある場所から見つけてみてはどうでしょうか。

事務所の所在地が大阪であれば、ぜひ大阪から見つけたいところです。税理士と10年以上に渡る様な長い付き合いができればお互いに理想的ですね。

「知らない」から「知っている」へ

▼「知らない」ことは損!?

「知らない」ことがあると、その分野において損をしている可能性があります。

逆に「知らない」ことを「知っている」ことに変えるだけで、その分野だけでなく他の分野にまで良い影響を与えることが可能です。

税理士 大阪は信頼される税理士になる

大阪で税理士は税理士についての情報いろいろ

把握しておくべき遺留分の特徴

遺留分の特徴

遺産相続の手続きが発生する際において、相続人の対象となるべき方に対して最低限度の相続が保障される制度は遺留分と呼ばれています。遺言書の内容が偏っているなどの理由によって、相続人の権利が侵害されそうになった場合に適応されます。

亡くなった方の配偶者や子ども、両親が対象として挙げられており、兄弟や姉妹は含まれない点に注意しなければなりません。兄弟や姉妹の方が資産を相続したいという場合は、別途設けられている制度を利用し、手続きを行うことで相続に関するトラブルが避けられます。法律上の制度をよく把握して、正しい手続きを進めることも重要です。

遺産問題にかかる費用の相場とは

遺産問題にかかる費用の相場とは

家族間の問題の中で、遺産に関する問題は非常にデリケートなものです。しかし、故人の事や残された遺族の為にも、全員が納得をするような解決策を導き出さなければなりません。その場合は、やはり評判の良い法律事務所などに相談をするのが最善の策です。では、鹿嶋市の場合、どれくらいの費用が相場なのでしょうか。

弁護士が受け取るべき報酬は、現在は自由化されているので、個人や事務所によって料金体系は異なります。しかし、日本弁護士連合会が定めていた報酬を基準として考えているところが多いようです。そして、大きくは着手金と報酬金に分けられます。着手金とは、弁護士を雇う段階に必要な費用で、基本的に返金はされません。

報酬金とは、事件の解決時に発生する費用で、仕事の成果において生じます。さらに詳しく見ていくと、遺言書の作成、遺言執行、遺産分割協議、相続放棄、遺留分減殺請求など、たくさんの仕事がある事が分かります。家族によってどのオプションが必要かは大きく異なるので、重要のあるであろう遺言書作成や遺言執行の相場を見てみると、前者は大体10万円から20万円、後者は大体残された財産の1パーセントほどを目安にする事が多いようです。

これらは飽くまでも目安なので、相続人の数や財産の額によって異なってきますが、法律事務所への相談を検討している方はぜひ参考にしてみられて下さい。

相続手続きの種類はいくつ?

相続手続きの種類

相続手続きの種類には様々な種類があります。例えば、公証役場で遺言書の有無を確認したり、相続人や相続財産の調査では戸籍謄本や登記簿謄本などを収集したり、あるいは相続放棄や限定承認を希望する場合は家庭裁判所で申述を行わなければいけません。

そして遺産分割協議において相続財産の分割を行い、実印と印鑑証明書にて合意をしますが、もし合意ができない場合は家庭裁判所で調停や審判を受けます。また、遺言がある場合は遺留分を侵害するケースもあり、こちらも合意できなければ調停等を行う必要があります。最後に相続税の申告や被相続人の準確定申告、不動産の相続登記などの手続きを終えると相続手続きは完了します。

相続人全員で進める遺産分割協議

遺産相続の問題が発生した際、相続人全員の参加によって行われる遺産分割協議では、遺産をどのように分配するかなどの話し合いが進められます。一人ひとりの権利が尊重される前提となっており、未成年などの協議に参加できない方の権利も守られています。/p>

相続人のうち誰か不満を抱いていた李、賛同できない方が存在する場合においては、家庭裁判所も介入に、解決を目指して協議や手続きが行われます。相続人同士での話し合いや遺産の分配は、どうしても大きなトラブルに発展しがちですが、出来るだけ速やかに解決させるために対処することが重要です。